メイク道具

【社会人におすすめ】きれいな肌で第一印象アップ!男性の自然なベースメイク

ビジネスシーンで「相手に良い印象を与えたい」と思う男性は多いはず!今回はそんな皆さんに、手軽なものからしっかりめのメイクまで、肌をきれいに見せるベースメイク方法を段階別にご紹介します


最近ビジネスマンでメイクをする人が少しずつ増えてるみたいだね
シロ
そうだね!ビジネスシーンでは第一印象がカギとなる場面も多いから
メイクで自信をつけたり印象アップをすることは効果的だ思う
Name
う~ん、でもメイクのやり方ってイマイチ分からないな
それに、周りの人にばれないかな?
シロ
メイクの度合いを調整すれば周りに気づかれず印象アップもできるよ!
今回は会社員の私シロが実際に実践しているメイクを実際に紹介するね

 

 

1. クマ、ニキビなど気になるポイントにコンシーラー

クマやニキビ跡など気になるポイントだけきれいに見せたい方におすすめなのがコンシーラーです。

朝気になるポイントにのみササっとつけて、一日しっかりカバーしてくれます。

コンシーラーには「リキッド」と「スティック」の2種類がありますが、皮膚が薄い目元のクマにはのびが良い「リキッド」タイプ、ニキビ跡やシミには「スティック」タイプと使い分けるとより効果的です。クマやニキビ跡を隠すだけでも印象は大きく変わります!

 

▶おすすめコスメ(リキッド):フィットミー コンシーラー

伸びがよく、ヨレにくいのが特徴。コンパクトなブラシが悩みをピンポイントでカバーしてくれます


▶おすすめコスメ(スティック):MAQuillAGE(マキアージュ) / コンシーラースティック EX 2

肌と一体化してシミやそばかすをしっかり隠ししてくれます。肌悩みを補正しながらナチュラルに美しい肌を演出

なるべく自分の肌色に近いものを選びましょう。ただしクマ用には気持ち暗めの色(オレンジ色の強い)を選ぶと良いです

 

 

2. bbクリームで肌全体をサクッと綺麗に

bbクリームは、一本で日焼け止め、下地、ファンデーションの役割を果たし、忙しい朝でも時短で肌全体をきれいに仕上げることができます。

スキンケアのあとそのままbbクリームを塗りますが、スキンケア直後は水分が多すぎるので、3~5分経過した後に塗り始めるのがおすすめ。

顔全体に薬指や中指の腹で塗ったら、最後にスポンジでなじませるとより自然にきれいに仕上がります。

 

▶おすすめコスメ:ミシャ BBクリーム UV

少量でもカバー力はしっかりしているのに、素肌っぽい仕上がりになります。メイクがばれるのが嫌だという男性にもおすすめです

顔と首の色に差が出ると不自然なので首までむらなくしっかり塗りましょう

 

 

3. 下地+ファンデーションで肌全体をしっかり綺麗に

男性のベースメイクの基本の流れは①下地→②リキッドファンデ→③パウダーです。

スキンケアから3~5分経過した後、下地を顔全体に伸ばします
② 次に、リキッドファンデを手の甲に500円玉ほどの量とり、少量の化粧水をしみこませたスポンジですこしずつ顔全体に広げていきます。薄く、顔の中心から外側に向かって伸ばすのがポイントです
③ 最後に仕上げのパウダーです。一度ティッシュの上でトントンと押しつけ余分なパウダーをはらいつつ、ブラシを使って全体になじませましょう

男性は女性に比べて皮脂の分泌量が多いため、仕上げのパウダーまで行うことをおすすめします!

 

▶おすすめコスメ(下地):MIMURA SMOOTH SKIN COVER

▶おすすめコスメ(リキッドファンデーション):エスティ ローダー / ダブル ウェア


▶おすすめコスメ(パウダー):LUNASOL スキンモデリングパウダーファンデーション

厚塗りにならないよう、すべてのステップで少量を薄く伸ばすことを意識して下さい

 

 


まとめ:いかがでしょうか?ビジネスシーンにおいても、人と会う機会の多い外回りの営業担当はもちろん、内勤の仕事であっても、印象アップに化粧はとても効果的だとシロも日々実感しています。

皆さんもぜひ実践してみてください!


メイク道具
最新情報をチェック!