clothes

手ごろな値段で高級ブランド並みのデザインと質 – 今注目のファッションブランドCOS

皆さん、COSというブランドをご存知ですか?青山・銀座・横浜といった一等地に一際おしゃれな店舗を構え、高級ブランド並みのデザインと質のアイテムを手ごろな価格で提供する、今ファッション好きの中で注目が集まるブランドです。私シロも通い詰めるこのブランド、その魅力に迫ります!

 

View this post on Instagram

 

A post shared by COS (@cosstores) on

 

COSとは

実は、COSはH&Mのハイエンド向けの姉妹ブランドです。

H&Mと聞くと、「安価」や、「流行に合わせた賞味期限の短いファッション」といったイメージが浮かんできますよね。しかしCOSは、トレンドを追い、大量販売を目的としたH&Mとは全く異なるコンセプトのブランドです。

現代的かつタイムレスでミニマリストなデザイン、つまりトレンドを感じさせるデザインでありながら、シンプルであり、時代を問わず着ることができる。COSはそんなスタイルの提案をコンセプトとしています。

デザインと質の割には魅力的な価格帯で、まさにデザイナーズブランドとファストファッションの間を埋める存在として人気を集めています。

店舗の場所もさることながら、内装やレイアウト、そして接客、どれも洗礼されており、店に入るとすぐにH&Mとの違いに気付かされます。洗練された落ち着いた店内で、全てのアイテムがきれいに陳列されており、ゆったりと買い物を楽しむことができます。

現在日本ではオンライン販売は行っておらず、青山・銀座・横浜にある3店舗でのみの販売となっています。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by COS (@cosstores) on

 

 

COSのスタイルと価格感

COSについてサクッとお伝えしたところで、さっそくそのスタイルと価格感を見ていきましょう。

まずは季節ごとにスタイルをピックアップして紹介します。

Spring

 

View this post on Instagram

 

A post shared by COS (@cosstores) on

Summer

 

View this post on Instagram

 

A post shared by COS (@cosstores) on

Autumn – Winter

 

View this post on Instagram

 

A post shared by COS (@cosstores) on

Winter – Spring 

 

View this post on Instagram

 

A post shared by COS (@cosstores) on

いかがでしょうか?基本的にはどのシーズンのスタイルもミニマルでクリーンですが、一風変わった素材やアシンメトリーで構築的なシルエット、オリエンタルな要素がミックスされたアイテムもあります。

シンプルなデザインの中に「ひとひねり」を効かせている点が、着る人を個性的に見せる。そのアイデアが国や年齢に限らず、広く受け入れられている理由だと感じます。

 

そして、気になる価格感ですが、目安としてカテゴリごとに(メンズ)

 - アウター:20,000〜30,000円程度、
 - トップス:4,000円〜9,000円程度
 - ボトムス:8,000円〜15,000円程度

といった感じです。確かにH&Mと比較すると高く見えますが、実際にCOSに行って商品を手に取ってみれば、必ずこのデザイン・質でこの価格は安い!そう思えるはずです。

生地もしっかりしており、デザインもシンプルで洗礼されているため、ワンシーズンだけでなく長く着用できることも考えれば、とてもリーズナブルな価格ではないでしょうか。

また、COSはシーズンオフにセールも行います。ただもともと生産数もそんなに多くないため、セール時には人気のサイズはもう既に売り切れていることが多く、欲しいものがあればセールを待たずに購入されることをおすすめします。

 

 


まとめ:いかがでしたでしょうか?今回は私シロも愛用している今注目のブランドCOSにつて紹介しました。

シンプルながらも洗礼されたCOSのアイテムはどんなスタイルにも合わせやすく、かつしっかりと個性も出せる素晴らしいアイテムばかりです。

お店の雰囲気もとても良いので、皆さんも是非一度足を運んでみてください!

 



 

clothes
最新情報をチェック!