skincare

【2020・冬】肌の乾燥を防ぐプチプラコスメ

最近はグンと寒くなって、いよいよ冬の到来を感じますね。それに伴い生じる悩みが「肌の乾燥」ですよね。乾燥肌は水分と皮脂のバランスが崩れ、各層のバリア機能が低下した状態で、さまざまな肌トラブルのもとになります。今回はそんなかんそうはだを防ぐ、シロおすすめのプチプラコスメとスキンケア方法を紹介します

 

洗顔料


あの保湿力抜群のニベアクリーム成分が配合された洗顔料。濃密でもっちりとした泡が肌を優しく洗い上げます。

洗顔後のツッパリ感も全くなく、まさに乾燥が気になる季節にぴったりの洗顔料です。

洗顔を行う際は、泡立てネットを使いしっかりと泡立て、手で直接肌をこすったりはせず、「泡で洗う」ことを意識しましょう。

また、冬になると寒いからとシャワーの温度を上げがちですが、高温は肌への負担となり乾燥の原因にもなりますので、ぬるま湯で洗うようにしましょう。

 

化粧水

無印良品 化粧水 敏感肌用 高保湿タイプ

 

この投稿をInstagramで見る

 

kazu(@kazumens)がシェアした投稿


お肌をしっとりさせる、保湿効果の高いリピジュアR、ヒアルロン酸が配合されているこちらの製品。

しっかり保湿して、もっちり吸い付くような肌に導いてくれます。

お風呂上がりの肌からはどんどん水分が蒸発してしまうため、なるべく素早く化粧水をつけるようにしましょう。

手全体で肌を優しく包み込みながら化粧品をつけると、手の熱で浸透力が高まるのでおすすめです。

あくまで優しく、あまり強くパッティングをするとかえって逆効果となるので気を付けましょう。

 

パック


特に乾燥が気になる肌には、スペシャルケアとして保湿効果の高いパックでケアしてあげましょう。

美容液もヒタヒタのこの毛穴撫子のパックは、乾燥が気になるときに使うと、もっちりすべすべの肌に導いてくれます。

パックはつい長い時間置きたくなってしまいますが、長時間置くとかえって乾燥したパックに肌お水分が取られ、乾燥の原因になりますので、パックに記載の時間を守るようにしましょう。

 

乳液

無印良品 乳液 敏感肌用 高保湿タイプ

 

この投稿をInstagramで見る

 

まゆこ(@mayuko_ma0111)がシェアした投稿


化粧水やパックで肌に水分を補給した後は、乳液でしっかり蓋をしましょう。

化粧水の大半は水分ですが、乳液には水分に加えて油分も含まれています。乳液の油分で膜を作ってあげることで肌の内側に化粧水の水分や美容成分を閉じ込めることができます。

乳液をつけないとせっかく化粧水などで与えた潤いが肌表面から蒸発して失われてしまうので、必ず乳液を欠かさないようにしましょう。

 


まとめ:いかがでしたでしょうか?寒くなってきて乾燥が気になる季節。肌の乾燥はさまざまな肌トラブルの原因になります。しっかりとうるおいケアをして、冬も健やかな肌を保ちましょう!

skincare
最新情報をチェック!